ハリウッドに呼ばれる気がする オーディションは英語でやるのか?

YouTube Preview Imageこんにちは。日曜日更新担当のhachiです。
今週のテーマは『仕事のある1日』です。

改めましてですが、わたしは青山にある小さなアパレルメーカーで働いていて、
服のデザインと、自社ブランドのプレス業を兼務しています。会社の始業時間は10:00。

6:30 起床
起きてすぐに取り掛かるのは朝ごはん作り&お弁当作りです。
朝ごはんの定番メニューは、バナナ、納豆、トマトジュース、ヨーグルト。
フルーツがあるときにはこんな感じに盛大にやっちゃったりもします。
IMG_8637

ちょっとお話がそれますが、朝ごはんで私が大好きなのは「生春巻き」です。
トントン野菜を刻んだり、ぴりぴりと葉野菜をちぎったり、豚肉を湯にくぐらせるだけ。
あとはライスペーパーにくるんで胡椒やチリソースにつけていただく。
野菜はとれるし、味のアレンジは変えられるし、私にとっては至極の朝ごはん。ぜひお試しあれ。
IMG_2205

それらに加えて、その日の空腹具合と材料の残り具合をみながらスープやおにぎりを作ったり、トーストを焼きます。
こんな感じで、本当に簡単なものです。結構朝ごはんはもりもりと食べます。
IMG_3535

時間節約のため、食べながらのお弁当作り。ゆっくり朝ごはんが食べられたらいいのですが。
月島の瀬戸物屋さんで購入したまげわっぱのお弁当箱。しかもハイテクで、2段にもなるんですよ。やりよるでしょう。
IMG_1808

祖父母が作った玄米と、おかずを3〜4品、きゅうきゅうに詰め込みます。難しいおかずではありませんが、
心掛けているのは彩り。たとえば、赤いトマト、黄色の卵焼き、緑色のブロッコリー、黒酢生姜焼きの茶色、ゆかりのふりかけで紫。視覚的なおいしさって、大事だと思います。ちなみに卵焼きは甘い派です。はちみつを垂らしてこんがり焼き目が好み。

7:30 父親の見送り&朝の体操
(の隙に、コーヒーを淹れる

父親は必ず玄関先まで見送ります。私が台所からすこし玄関にでるまで遅れてしまった時、見送りを父親がそっと待っている。
か、かわいいんですよね。気をつけていってらっしゃいませ、とお見送りします。お見送りが終了したらコーヒーを淹れる。
これは最近ぐっと一目ぼれして購入したコーヒーカップです。フォルムにやられた!

IMG_3456

そしてコーヒーを少し冷ましながら、前回の投稿に記載しました体操タイムです。
何を何回するとかは決めず、できる時間に、できる範囲でやる。結構リラックスできるし、無心になれる瞬間です。

8:10 シャワー&身支度
上京してから、朝シャワー派になりました。夜にゆっくり湯に浸かりたいなぁと思いつつも、なかなかこのスタイルを変えられません。

9:00 出発(できたらいいな
自宅の最寄り駅までは徒歩5分。のんびりてくてく朝を感じながら歩を進めたいところですが、準備が遅くなってしまったときは小走り。必死の全力疾走を繰り広げることも。早起きしているくせに、最後ばたばたになっちゃうのは何故。

9:40 表参道駅 到着
IMG_3619

IMG_3618

晴れているときは日差しが本当に気持ちがいいのです。
表参道の大通りと雑踏に「嗚呼、都会!」と東京を思い切りかみしめながら、いそいそと会社へ向かいます。

9:50 会社着
朝のお掃除当番をこなしてから、お弁当箱を冷蔵庫にしまい、メールチェックやペアの先輩と業務の進捗を報告しあいます。

10:00 始業
13:30 昼食
昼食の時間は自由。お客様とのアポイントメントなどを考慮しながら、空腹時に食べる自由な感じ。1時間の休憩をとります。
私のように持参のお弁当を食べるひともいれば、大半の社員のひとは外にご飯を買いに出ます。
青山はおいしいランチ屋さんが豊富なので、たまに自分にご褒美でお弁当をお休みして、ランチに出かけることもあります。

22:00〜23:00 退社
ペアの先輩との進捗を確認しあってから退社します。私用があるときは、20:00にでたり、繁忙期には終電になったり。
退社時間は毎日未知なので、基本的に平日は予定をいれません。その日の様子をみつつ、
早く帰れたときに、その日会えた人と食事をしたり映画をみたりします。

22:00~23:00 帰路
思いっきり疲れたなぁと時、わたしは通勤経路を変更し、あえて自宅まで徒歩20分ほどの銀座駅から歩いて帰ります。
途中架かった橋から見える東京タワー、晴海通りを通るタクシーのらんらんと光る赤いランプ、酒で紅潮したサラリーマンたちの騒ぎ声、静けさと眠りに包まれた築地市場。
IMG_8577

IMG_8642
ほんのわずかなお散歩ルートなのですが、私にとっては丁度いいリフレッシュタイムになります。
この時間をいつでも愉しめるよう、会社にはできるだけペタンコの靴や、スニーカーで出掛けます。

23:00〜24:00 帰宅
帰宅がなかなか遅いので、帰ってからは化粧を落として、着替えて、いそいそと床に向かいます。
お仕事脳が抜けずに気が立っているときはなかなか寝付けなかったりしますが、できるだけ24:30には眠るようにしています。
明日に備えて。夜更かしは苦手です。
たまにこうやって自家製足湯をしたりします。一日を思い返しながら、足を洗って一日を終わらせて、切り替える。
IMG_3060

毎日こんな感じなので、結構あれよあれよと毎日が過ぎていきます。
しれっとさらっと毎日が過ぎてしまうのは寂しいので、たまにTSUTAYAでDVDを借り、寝つくまでみて、
色んな気持ちになってからみます。感情と感性は日々震わせておかないと鈍ってしまうような気がします。
毎日ふるふるとさせておきたいものです。

***

Mr.childrenの「彩り」の歌詞、改めて読んでみます。
ippeiの今週のタイトルとも通じるところがありましたね。仕事といえば、私はまずこの歌が思い浮かびます。

「ぼくのした単純作業が この世界を回り回って まだ出会ったことのないひとの笑い声を作っていく
そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える モノクロの僕の毎日に 少ないけど、赤、黄色、緑」

YouTube Preview Image

でも、今週の歌詞はあえて彩りではなく、、古田新太の「後半ドリーマー」です。野菜生活のCMソングです。
これがまた、父親世代の背中をぐっとおすような、元気が湧いてくる歌なわけですよ。
私はまだこの歌詞を噛みしめる世代ではありませんが、ずっと働き続けていく、社会で生きていくと、
こういう歌が沁みてくるのだろうと思います。働くおじさんたちは社会人の大先輩。元気であってほしいって思います。
若かりし頃から今日の今までがんばってきたひとたち。精一杯の敬意を払いたい。