きみとGOOD AT TOKYO

おひさしぶりです、しばらく日曜を担当させて頂いていたkimixです。長らく日曜担当の更新が止まってしまってすみませんでした。みなさんお元気でしょうか。

9月頃からこれまで以上にお仕事が忙しくなってしまったと同時にもやもやと悩むことも多くなってしまい、11月の終わりまで少し身動きがとれなくなってしまっていました。GOOD AT TOKYOでせっかく日曜担当という役割を与えて頂けていたのに、全く更新もとれない状況で、本当にみんなに迷惑かけてしまってごめんなさい。どうしよう、どうしたらいいのかなぁ、と思っていたとき、GATのIPPEIが2014年も終わるので最後に日記を書いてみたらどうかと機会を与えてくれました。本当にありがとう。

何に悩んでいたのか、フリーランスとしてプロフェッショナルの端くれとして働いている私が書いたらカッコ悪いんだろうけど、ちょっぴり書いてみようと思います。

フリーランスって本当にひとりぼっちなんだなぁ、ってすごく感じていました。
なりたい自分になるために努力した結果、こころと身体のバランスがとれなくなってしまったみたいです。

フリーランスってさ、当たり前のことなんだけど、誰にも頼れないのね。失敗も許されないし、怒ってくれる上司もいなくって。何か少し怒られたら、それでお仕事は終了なんですね。

会社員でも失敗はダメだと思うけど、怒ってくれる上司がいて、相談できる同期・仲間がいて、作業だってオフィスで一人じゃない。怒られても、明日・数カ月後に出社するデスクはある。それってすごくすごく幸せなことなんですよね。ぽつんと仕事漬けの日々を送っていて、わたしひとりぼっちだなぁ…なんて、そんなことを考えてしまていました。

とても甘いことかもしれないけど、今の引き出しだけで生きていくことにすごく不安を感じていました。今も、とても不安。不安感を打ち消すためにお仕事たくさんやらなきゃ!っておもってお仕事を引き受けるようにしていたんだけど、気がつけばお家に1週間こもって1人で作業してて、友達と会う時間もないし、会話するのはお仕事先の人かコンビニの店員さんだけ。。という状況ももう普通になってきちゃって。

人として、心が死んでいくってこういうことなのかな、なんてぼんやり思っちゃったり。

それであるとき心がポッキリ折れてしまったのでした。
「あ、ひとりぼっちだ」と実感したときでした。

お仕事がたくさんたまっているのにGATを更新していることにも罪悪感があって、それをお仕事先の人にみられたら怒られるんじゃないかなって思い悩むこともありました。みんなと話すこと、日記を書くこと、みんなの日記を読むことは大好きだったのに、知らず知らずのうちに重荷になってしまったのかもしれません。

===

12月の頭から徐々に復活をしてきて、不安に思っていたこの働き方も、いろんな人に相談した結果もう少しつづけようと思えるようになりました。

わたしは案外ひとりじゃなかったのかもしれません。
たくさん話をきいてくれる先輩やお友達がいて、同業者じゃないから頼っちゃいけないってわたしが勝手に線引していたみたいです。いつでも相談してね、と言ってくれるひとは周りにたくさんいました。

ただ、やっぱり独学でここまできてしまった、ということもあってフリーランスのお友達は全くいないし、先輩も師匠もいないしお仕事的な意味で頼れる方もいないのは変わりません。

2015年はきちんと修行をつむため、一度ちゃんと学校に通おうかなって考えています。

すこしずつ生活も、正していこうと、いろいろ変えています。

===

GOOD AT TOKYOはおもしろい場所で全く知らないひとたちと交換日記ができて本当に楽しかったです。
途中でだめになっちゃったりいろいろと迷惑をかけてしまってごめんなさい。

日曜担当のkimixの日記はこれにておしまい。
でももっともっとGATが広がっていろんなひとが日記を書き綴ってくれることを楽しみにしています。

いつかまた会う日まで。
ありがとうございました。

(最後にこんな機会をくれて、IPPEIほんとありがとう)

kimix


きみの好きな本

どうもどうもこんばんは、サンデー担当kimixです。今週のテーマは「私の好きな本」。好きな本はあるけど最近の本にはうといのでわたしの趣味丸出しで好きな本たちを紹介したいと思います。

どろぼうの神さま

12歳の少年プロスパーと5歳になる弟のボーは、読書好きの少女ヴェスペやその仲間たちと、廃墟となった映画館で暮らしていた。兄弟は、2人を引き離そうとする伯母夫婦から逃れるため、ヴェネチアまで家出してきたのだ。そんな身寄りのない子どもたちのリーダーは「どろぼうの神さま」と呼ばれる少年スキピオ。スキピオは、金持ちの家や美術館に忍びこんでは、高価な品々を盗み出す怪盗だ。しかし、伯母夫婦から依頼を受けた探偵ヴィクトールの出現によって、子どもたちの生活に、少しずつ変化が訪れる。

実はわたし、無類の児童書好きなのです。ハリー・ポッターも全巻読みました。有名どころだとダレン・シャンも、指輪物語も大好きです。そんなわたしがおすすめする、ちょっとマイナー?な児童書はこちら。ドイツの児童文学作家コルネーリア・フンケの長編ファンタジー。ファンタジーだけど少し現実味を帯びててファンタジーじゃない感じもする。

速く大人になりたいと願う子供と子供に戻りたいと願う大人たち。まだ一度も行ったことがないヴェネチアの風景がすぐに浮かんでくるような描写が好きで好きで何度も読み返してしまいます。

休日のちょっとした息抜きに、いかがでしょう?

わたしのマトカ

ゴムに塩と砂糖をまぶしたような激しい味の「サルミアッキ」に驚愕、お互い言葉が通じないトラムの運転手さんの親切に涙、怪しいクラブ「地獄」に果敢に挑戦、フィンランドのおふくろの味に舌鼓……。旅好きな俳優が、映画の撮影で滞在したフィンランドの日々をユーモアと愛情たっぷりに綴る、人情味溢れる旅の話。笑えてジンとくる、名エッセイ。

片桐はいりさんといえば、そう、あの名脇役の女優さん。フィンランドが舞台になった映画「かもめ食堂」の収録中・収録後にフィンランドを放浪した記録が描かれています。

北欧旅行に向かう飛行機のなか、この小説を読みながらフィンランドに思いをはせてたのもいい思い出。

この本にも書かれてる”ゴムに塩と砂糖をまぶしたような激しい味の「サルミアッキ」”。どんな味かとソワソワしながらフィンランドで買って食べたら案外クセになっちゃってずっと食べてました。笑 他にも素敵な朝市だったり、大きなサヤエンドウの食べ方だったり。とっても美味しそうなエピソードがたくさん。フィンランドに行く前に1度は読むことをおすすめします。

& Premium

衣食住、そして旅やカルチャーなど、ライフスタイルのさまざまなシーンに、自分にとっての“上質”を足していくがコンセプトの大人の女性のための新クオリティライフ誌『アンド プレミアム』が誕生しました。

これは雑誌だけど最近はまってる一冊。「& Premium」毎回特集内容が肩肘張ってない感じでスッと読める。だから毎月の発売が楽しみ。もうvol.1は廃盤になってしまいプレミア価格になってオークションに出ているらしい。vol.1以外は持っているのですごく悔しい〜。立ち読みで終わらせず、買っておけばよかった〜!

いつかこの雑誌で挿絵とか描ける日がやってくるといいなあ。なんて密かに思ってます。


きみとパンの話

この土日、ippeiに誘われ大人の秘密基地キャンプに行っていたので更新がおくれてしまいました!ごめんなさい!

さてさてさっそく「私の東京おすすめ飲食店TOP5」を紹介したいと思います……が、残念なことにあんまり食に興味こだわりがないkimixはグルメなことなど書けないのでお気に入りのパン屋さんを3つ、ご紹介したいと思います。

好きですパン。大好きです。ふんわり、サクサク、ジュワーッ!おいしいですよね、たまりません。

Trasparente(トラスパレンテ)

6467_522010481186318_1680135400_n

お友達に教えてもらって知った、中目黒のパン屋さん。(学大にも店舗があるそうです)目黒銀座商店街を少し歩き、すこし静かな曲がり角をまがるとひっそりと佇んでいます。

ここの「コンミューレ」というパンがとっても美味しくて大好きなんです。バケット生地にセージバターやハチミツが塗られていてこんがりカリカリ!細長〜くて1人で食べるよりみんなで切り分けてワインと一緒に食べたい♪そんなパンです。

http://trasparente.info/
ADRESS : 東京都目黒区上目黒2-44-24-1F
OPEN : 9:00〜19:00

パンとエスプレッソと


日差しが強く照りつけるお昼どき。表参道の一本裏の道をてくてくと当てもなく歩いていたらコッソリ影に隠れて良い香りを漂わせているパン屋さんに出会いました。ちょっと変わった店名なので前々から耳にしてはいたけれど訪れるのは初めて。一緒にお出かけをしていた姉とわたしのお腹はいい匂いにつられて腹ペコに。

ランチタイムはセットが2種類あります。パニーニとプチデザートとクッキー、そしてドリンクがついて1,000円。パニーニは10種類のパニーニの中から1つ選ぶことができます。気になるパニーニがあったのだけど13時頃の時点でもう売り切れで、ちょっぴり残念。そしてお友だちに聞いた話によるとここの「フレンチトースト」がとても美味しいのだとか。パニーニはボリュームたっぷりでとても美味しかったので今度はフレンチトーストを食べてみたいと密かに思案中。

http://bread-espresso.jp/
ADRESS : 東京都渋谷区神宮前3-4-9
OPEN : 8:00~20:00

GONTRAN CHERRIER TOKYO

渋谷にあるパン屋さん。ヒカリエから出て交差点の近く、ビックカメラの向かいにあります。店内に入ると都会の喧騒を忘れてちょっと一息つける、まるでパリのようなオシャレな雰囲気な場所。

わたしのおすすめはクロワッサンとロイヤルミルクティ。とくにロイヤルミルクティが好きで好きでよく飲みます。昼時はビックリするほど並ぶので要注意。店内で食べられるのもポイントです。

砂糖をください、といったら「どうぞ」と手渡されたチビクロワッサン。この子の正体はブラウンシュガー。細かいトコロまでかわいいね。

おまけ。

ナワバル


一度しか行ったことがないのだけど、祐天寺にある小さなバー。もう一度行きたい!って思えたバーは初めてかもしれない。このお店は約3年間世界各国を旅した日本料理の板前さんとその奥さんが経営しています。

スペインのバル形式で日本、スペイン、タイなどを中心にした料理を提供中。食べ物もすごく美味しいんだけど、集まる人々がおもしろい人が多くて。楽しいバーです。

ブログでは世界の食べ歩き旅行をレポートしてたりして*それがまた楽しいの!
http://yatzi.exblog.jp/

http://www.nawabar.com/
ADRESS : 東京都目黒区五本木2丁目14−1

いつも食べたいなあ行きたいなあと思うところはパン屋さんばかり。ヨーロッパを旅行してからはクロワッサンにはまってしまい、都内の美味しいクロワッサンを求めて旅しています。

みんなのご飯屋さんも美味しそう!今度いってみよ〜っと♪


きみがフリーランスになったこと

今週のテーマは「悩み」。
これまで前の2人の投稿をみていて驚きました。ippeiは悩むことはないといっているし、yamadaは悩んだときは読み返す本があるそうです。わたしの場合、悩んだときどうしてるっけ。なにに悩むんだっけ。あまり後ろ向きなことはあまり書かないようにしていたけどちょっと書いてみようかと思います。

tumblr_mt4bauDNhg1qa54q0o1_1280

社会人1年目はPM補佐という名のOLをしていました。仕事内容は会議の資料を用意したり、議事録をとったり、コピーをとったり…。こうみえてじつは秘書とMOSの資格をもっているので仕事で悩むことはとくにありませんでした。うん。片道1時間半の満員電車に揺られるのが嫌だったな〜っていうくらい。17時を過ぎると上司に帰らなくて大丈夫?と心配していただけるほどとっても優しい職場。

「Twitter」を介して知合った人たちと会い始めたのは、ちょうどそんなとき。
友達に誘われてなんとなく飲み会に参加してみたら同年代の人たちとあれよあれよと繋がっていったのでした。(わたしはそれを東京の友達とよんでいます)そこで出会うひとたちはみんな目をキラキラと輝かせて「やりたいこと」を話し、「苦悩してること」をこぼし、でも満面の笑みで仕事の話をしていました。世界一周していたり、プロのカメラマンだったり、ベンチャー企業でバリバリ働いていたり。すごいなあとみんなの話をぼんやり聞いていたら突然降ってきたこの質問。

「で、きみちゃんはなにをやってるの?」

そう言われたとき、わたしは何も答えられませんでした。すごく悔しかったのを今でも覚えています。家庭の事情で残業がなく17時に上がらないといけない仕事に就かなければならなかったので、「IT業界」「デザイナー」という自分の夢を捨てて選んだOLという道。まあ趣味でもできるかなぁなんて考えて生きてきた自分の甘さ。「なんでもっと本気になってやらないの?」と言われているようで、ギクリ。そしてグサリ。

その一件があってからもんもんとしていたら縁あってとあるITベンチャーの会社からお誘いが。。macも使えないド素人のわたしはまるで千と千尋の神隠しの千のように「ここで働かせて下さい!」と社長さんに頼んで半ば無理やり働かせていただくことに。それは自分の「コラージュ」という得意分野を活かしたお仕事。本当にIT業界に対して無知だったので悩むこともせず、毎日夜遅くまで勉強勉強勉強、怒られまくっては自分は0の人間だから…とスポンジのごとく全て吸収することだけに力を注ぎ、笑い、泣き、日々を駆け抜けました。

そしてふと立ち止まったとき、身体がボロボロになっていることに気が付いてしまいました。心は元気でも、身体がついてこなくなってしまって、オーバーヒート。やりたいことはたくさんあるのに悔しくて悔しくてどうしたらいいかわからない。起き上がれない。

そこからは悩みの連続だったと思います。このままでいいんだろうか、身体を壊してまで私は何がしたかったんだろうか、私は何になりたいんだろうか。みんな頑張ってるのになんで頑張れないんだろう。

昔から悩みグセはあったものの今まで全く考えてもなかったことが一気にドドドッと溢れだしてきて、眠れない夜を送る日々。うんうんと悩みが堂々巡りしていたとき、また偶然にも縁あってマイペースに働けるお仕事のお誘いを頂きました。そこで働いてみるとすごくすごく楽しくて、「あ、わたしこれがやりたかったんだ」と、自分のやりたいことを改めて実感。そして、フリーランスとして独立することを決意。2013年3月、23歳の暮れのこと。

tumblr_n65hmyMV2t1qa54q0o1_1280

フリーランスになったら自由なのかとおもいきや、悩むことは倍増した気がします。
「確定申告ってなんだろう」「保険ってどうしたらいいの」といった基本的なことから始まって、「お仕事ってどうやったらもらえるのかな」「営業しなくちゃだめかな」「スケジュール管理しなきゃ」とかとか。

上司も部下もいないからお仕事の知識は誰からも教えてもらえないし、怒ってももらえない。経理だってなんだって1人だ。フリーランスという働き方で働いている同年代の友達も全然いない。会社を起業してるわけじゃないから頼れる仲間もいない。だから実際すごく寂しいし、孤独だ。1人でこっそり泣いてしまう日もある。正直、「同期と〜」とか「先輩と〜」といった会話を見るといいなあって思っちゃう自分がいます。単純に、すごく憧れます。いいなぁ。

でも、わたしには自由な今の働き方がとても合っていると思うし、なぜかとても縁や運に恵まれていて相談できる方も周りにいます。1人だけど独りじゃない。そんな感じ。悩んだときに泣きながら相談できる友達や年上の方がいるのでわたしって本当に幸せ野郎です。

(一般的な「フリーランス」って、ある程度会社で経験を積んで、コネをつくって、独立っていうパターンが普通らしいのでわたしのパターンはイレギュラーみたい。)

まだまだ初歩的なことでミスしてしまったり、ダメなことばかりだけど、どうにかこうにかフリー2年目もあと3ヶ月で終わります。少しは成長できてるのかなぁ?でも体調管理だけはしっかりしないとなあ。うんうん。

プリズム

涙の河を泳ぎきって旅は終わりを告げ
光の音に導かれてここまできたけど
~~
花咲く丘まで口笛吹いていこう
いじわるな人がとやかく言うけれど
私は、どこかで間違えたかしら?
いまはわからない
答えは空の上

これはジュディマリのYUKIがソロになった当初、後悔や希望やらの気持ちから生まれた曲なんだそう。偶然このエピソードを知ったのは昨日なんだけど、わたしも高校・大学・社会人とそんな思いに駆られたときよく聴いたなぁなんて思い出しちゃったりして。

日々、悩みまくり。壁にぶち当たりまくり。そんなkimixですが、小さい頃からの夢が叶った自分のやりたいことだからこうして続けていられるのかも。みんなはどんなことで悩みますか?それは本気の悩みですか?きっと大好きなことで悩むなら、悩んだ先に楽しいことが待っているから今は苦しくても頑張って欲しいなって思います。

わたしは今でもこの選択が正しかったのか、わかりません。人一倍ハードモードな人生を送っている気がしてなりません。でも、今が一番楽しい、そう思ってます。

「正しい」よりも「楽しい」ことを選んでゆけたらきっとなんでも乗り越えられるよ。

***

push
ご報告♥
リクルートホールディングスさんから配信されているコラージュアプリ「cameranコラージュ」にてスタンプを作成させて頂きました。HOLIDAYスタンプというテーマで、休日に使える文字スタンプが盛りだくさん。ぜひダウンロードしてみてください♥
ちなみに第二弾は来月配信予定ですので、おたのしみに!


空が青くて、海が青い理由

今週のテーマは夏の思い出。夏の思い出か〜〜〜〜!(ため息)
どちらかと言えばわたくしkimixはインドア派なので夏だサマーだ海だ!みたいなエンジョイ方法はまだよくしらないのです。そんなわたしが唯一たのしんだ夏は………5年前の20歳の夏のこと。今日はそのお話をしたいと思います。

ウミガメと潜ろう

37680676_4097554930

5年前の夏、初めて海外に行きました。行き先は「サイパン」
グアムとかハワイといった空気が全く似合わないわたしがなぜサイパンに行ったのかというと、「スキューバダイビングの資格をとるため」。海に潜ってウミガメと一緒に泳ぐことを目標に、パスポートを取得し、海外にいってきました。

37680676_2416732986

日本では伊豆や沖縄でも潜れるんだけど、なぜサイパンにしたのか?うちの大学は野外教育研修の一貫で申請者で審査に通過した人のみサイパンで資格をとることができたのです。(わたしの大学はデザインとかとは一切関係ない福祉系です笑)

しかし、ともだちに申請する子がいなかったので諦めた19歳の夏、とっても後悔。やっぱりいけばよかった。。その後「やりたいことをやる人生を生きる」ことをモットーにし始めた20歳のわたしは少し成長し、最悪1人でもいいや…と思って英語も話せないのにエイヤッと申し込みました。

そして夏がはじまる少し前、見事サイパン行きのチケットを手に入れちゃったのでした。

海の色

laulau beach
青が青すぎて
緑がやさしくて
赤は人工的でした。

空と海がなぜ美しいのか
すこーしだけわかった気がします

(2009年8月 mixi日記より)

11319614_69776842_1large

11319614_69776822_1large

サイパンにある「ラウラウビーチ」というビーチで水深18mくらいまで潜りました。そこにはたくさんの海洋生物がいて、もう、本当に、見たことのない世界が広がっていました。

無音の世界で、耳に残るのは自分のレギュレーター(酸素を吸う機械)のゴボゴボという音だけなのね。 だからこそ、生物のちょっとした動きに敏感になります。 感動したのは、ウミガメと同じ空間にいて、同じ水をかきわけることができたこと。

11319614_69776856_1large

ウミガメは少ない動作でとてもすばやく泳いでいました。 ぜんぜんかわいくなんかなくて、ずっとふくれっつら。笑 ウミガメのあとはつがいのエイがいて、アジがいて、タイがいて、カクレクマノミもたくさんいました。 イソギンチャクを素手でさわったら刺されたというより、噛まれたよ!スイミーもみちゃった!あと海にいる巨大な珊瑚礁ってへんなかたち!脳みそみたい!

でも、みんな優雅で、おなじ生き物とは思えなかった。地上の生物は時に追われてるけど、海中では時間の流れなんて、ないんだろう。

11319614_69776870_1large

小さい頃、プール教室に通ってて水中に潜るたびに私は仰向けになって、いつも水面を眺めていました。 平泳ぎの息継ぎの時に垣間見る、水色と白との世界は気泡とみなもと外界の境目でとても美しいの。

そんなこと思い出して、水深18mで仰向けになって、水面をみつめてしまいました。 そして、自分の吐き出した気泡が浮上するのをみあげる。 浮上すると同時に浮力や圧力といったチカラによって大きな大きな泡になる。

11319614_69776866_1large

水中では、音は4倍はやく伝わります。熱は25倍はやく奪われます。

コポコポとわたしが発する気泡が破裂する音が聞こえると、広大な海からしたらとーってもちいさいけども、たしかに水中に海底に 「いる」 という証拠のようでなんだかうれしくなりました。

もっともっと、と思って両手いっぱいに空気を吐き出して気泡をあつめて、空にむかって放つんだけど、水面にとどくまで見届けるまえに海水をのみこんでむせてしまいました。ああ、やっぱりわたしは地上の生き物だわ。無念。

11319614_69776825_1large

11319614_69776826_1large

そうそう、ダイビングは海水が鼻にはいろうが、目にはいろうが、パニックに陥ろうが、決して浮上してはいけないんです。 急に浮上すると、体内にある気体は気泡といっしょでふわふわと、外の世界に近づくにつれて大きく大きくなります。 でも、肺はそこまで伸縮自在なわけではないのです。なので肺が破裂してしまいます。こわいこわい。

(2009年9月初旬 mixi日記より)

37680676_1404662739
海岸にあった、まるでウミガメのような石
サイパンでは見事ウミガメと泳ぐといった目標も達成し、スキューバダイビングの資格も取り、観光客としても楽しんで帰国しました。サイパンって日本人も多いし、そこまで外国!って感じがしなかった。

11319614_69776824_1large
波打ち際に忘れ去られたウクレレ

この話をするととっても長くなってしまうので、このへんで割愛。海にもぐるって、違う世界を知れるようで本当に楽しかった。わたしたちはなんてあくせくしながら生きてるんだろう、と気付かせてくれました。

今年の夏は?

さてさて2014年の夏はどうだったのかというと、夏のはじめに書いた「今年の夏にやりたい5つのこと」。自家製ジンジャーエールを作り、夏フェスを堪能し、残暑見舞いを書くことができました(暑中は間に合わなかった×)。こだわりの宇治金時は今月中にいけたらな。。もう肌寒いかな。クラゲたちのスローダンスはippeiが沖縄で見たみたいでうらやましい〜!ずるい〜〜!

でもやりたいことを決めて季節を過ごすと、楽しいことばかり思いだせていいね。
夢に日付をつけなさい、ってワタミの社長さんがいっていたけどその通りだと思う。

11319614_69776830_1large

そんなこんなで最近やりたいことに日付をつけてどんどん実行に移してるkimixでした。焼き芋が美味しい気温になるまではもう少しかな〜?たのしみ!


'