俺はサンタクロースになる! ドンッ

image
こんばんは!
今日も愉快に元気良く日本で生きているルイスです。去年の今ごろはブラジルで毎朝早く起きてめいっこと手繋ぎながら学校まで送っていました。めいっこは寝起きの機嫌がものすごく悪く、起こすときはとんでもない言葉を浴びせてきていました。笑
そんなこんなで今回のテーマ、

クリスマスの思い出

去年のクリスマスになるのですが、人生初めてブラジルで迎えることとなりました。
何年かぶりに会う愉快な父さん、母さん、姉、めいっこ、姉の旦那というメンツでクリスマスパーティをしました。母さんが七面鳥を焼いて、ブラジル流のあまーいケーキを作って、みんな美味しく頰張っていました。そしてメインイベントであるめいっこへのプレゼントタイム!
僕がプレゼントしたのはメイク道具!笑 5才のめいっこにメイク道具!笑
実は何をあげればいいのかさっぱり分からなかったので、学校に送る途中に何がほしいのか聞いたのです。そしたら「ルイスからはメイク道具かな。」と言われました。正直なところ、ませとんなーと思いながらも結構いいのを買っちゃいました。
プレゼントを開いたときのめいっこの笑顔が忘れられません。
結果として良かったのか良くなかったのか分からなかったのですが、笑顔が見れて良かった。

という幸せで大したことのないクリスマスの思い出。笑
皆さんはどんな思い出がありますか?
そしてどんな思い出をつくりたいですか?

image02


帰り道をルンルンに。ペニー。

image

こんばんは!
1年ぶりの冬に全くなじめないルイスです。
ブラジルにいた10ヶ月間ずっと夏だったので久しぶりの冬なのです。毎日が寒む過ぎて凍えています。おでんや鍋や日本酒の熱燗など冬ならではの食べ物や飲み物は大好きなのですが寒いのは苦手です。早く寒さの耐性を取り戻したい。小学校のとき雪が降る中、学ランと短パンをはいて登校していたときを思い出すんだ体よ!!笑
さて今回のテーマは、

最近買ったもの

テレビ、ディスプレイ、でっかい机、携帯、布団、ガスコンロ…etc など生きていくために必要なものばかりですね。ブラジルに行く前にほんとんどの物を捨てたので何もなかったのです。お金がいくらあっても足りません。笑

買う予定のもの

ベット、洗濯機、テーブル、ソファーなどの家具の他にもっとも買いたいものはペニーですかね。

ペニー?

という方のためにこれです。↓

出典 curlie.jp

出典 curlie.jp

ちっちゃいスケボーみたいなものです。
街乗り用で小さくて軽いながらも結構スピードがでるみたいです。
絶対買います。かっこいい技など決めれるイケイケのスケーターになりたいとかではなく、通勤にペニーを使っているお洒落でキラキラなデザイナーになりたいのです。笑
僕の働いている会社がある赤坂は名前の通りとにかく坂が多い。そして駅から会社まで徒歩15分かかります。
その通勤時間を短縮し楽しくスポーツ感覚で会社にいきたいのです!
疲れきって歩く帰り道も楽しくルンルンにしたい!笑
ということでペニーを買う予定です。

皆さんは何を買う予定ですか?
僕はとりあえずベットかペニーかで絶賛迷い中です。


GOOD AT TOKYO OPENING PARTY epilogue

2014/10/19に行われたGOOD AT TOKYO OPENIG PARTYは来場者100人を超える方々にお越し頂きありがとうございました!

いろいろな方々の支えがあって実現した今回のPARTY、関わってくれた全ての人に感謝です!!もー大好きです!!

めくれ

PARTYでは僕はFOODを担当させて頂きました。

はっきり言って、今回は”負け”でした。

僕は、飲食をベースとした店舗経営をしたいという目標があります。

その大切な一歩として望んだ今回のPARTYでしたが、お越し頂いた皆様をFOODで満足させられなかったと感じています。

バル形式でなくて、ビュッフェ形式の方が良かったのではないか。

もっと仕込み、オペレーションを簡略化すべきだった。

箸を使わないものを提供すべきだった。

などなど反省はつきません。

本来の自分の味を出せず終わってしまい悔しい一日となりました。

しかし、自分の力はこんなもんじゃないと自負しています。

「いやいや、今回の結果が全てでしょ。」と言われるのは承知の上ですが、前を向き進まなくちゃならないし、進みたいし、こんなもんじぇねぇええししいい!!!

料理人として、このような事を書くのはどうかな、、と悩んだのですが、このGOOD AT TOKYOではなるべくリアルな事を、格好つけずに書こうと思っているので書かせてもらいました。

リアルな結果を受け止め、精進していく所存なので今後ともtakumiをよろしくお願いします。

そしてそして!!

何時でも何処でも、一人でも!料理を作ってほしい!ケータリングしてほしい!などなどあれば飛んでいくので、ご相談ください!

IMG_4005

いつかの朝ご飯『エッグベネディクト』


ほしい物リスト(14年10月版)

秋も深まり、ニットやマフラーが必要なくらい寒い日が多くなってきましたね。

今週はフリーテーマなので、火曜日担当のShioriちゃんの投稿を見て物欲がわいてきたので、欲しいものをまとめてみた。

  • Zwilling ツイン Gift Collection 30847-002

 自宅用の包丁が余りにも質素なものなので、リーズナブルなZwillingの三徳包丁とペティナイフのセットが欲しい。持ち手と刃が一体となっているワンピースタイプの包丁は見た目がすごく奇麗。自宅での料理が楽しくなる事間違いなし。

  • HASAMI BLOCKBOWL ブロックボウル グリーン HA-11-4

HASAMIは長崎県、波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。カラーバリエーション豊富で、重ねられるのでインテリアとしても素敵なキッチンウェア。プレートとマグカップは持っていて、使えば使うほど愛着がわく。ブロックボウルはサラダや、丼物を盛りつけ食べたい。

  • THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) Mountain Pant マウンテンパンツ NP61440

高校時代から使っている、この時期大活躍なゴアテックスジャケットと、このマウンテンパウンツを合わせ自転車でどこまでも行きたい。冬山行きたい。冬フェス行きたい。

  • BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)Midland(ミッドランド/トレッキングブーツ)

普段スニーカーしか履かないので、ブーツが欲しい。ブーツに関してあまり知識がないので、サンダルでお世話になっているビルケンのこいつをリストアップ。他にはダナー?マーチン?オススメがあれば是非とも教えてほしいです。

  • (シースリーフィット)C3fit パフォーマンスロングタイツ(MEN’S)

アウトドアスポーツ、レジャーで大活躍なインナーとしても有名なC3fit。こいつを履いて冬のトレイルを走りたい。普段のインナーとしてももちろん良し。

  • molten(モルテン)【B7T3500】molten バスケットボール 7号

最近無性にバスケがしたい。バスケットボールも欲しいけど、バスケする仲間が欲しい。いや、フットサルでもいい。むしろ、トレランでもいい。あーボルダリングもいいね。スポーツ仲間募集中。

  • キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オーリック小型ガスバーナー・クッカーセット M-6400 [HTRC 2.1]

寒くなってきたけど、まだまだ外で遊びたい。そんなときに活躍しそうなガスバーナーが欲しい。外でホット一息、コーヒーで暖まりたい。

  • BOSE QuietComfort20i ノイズキャンセリング・ヘッドホン(インイヤータイプ)

友人のモノを試しみたんですけど、すごいキャンセリング感!人類の進歩を感じた一品。ガッツリ作業したいときには間違いなく力を貸してくれます。

  • サンクチュアリ コミック 全7巻完結セット (ビッグコミックススペシャル)

男のロマン。男の生き方が描かれた名作を読み返したい。外出好きな僕ですが、寒いから外になんか出たくない!って日もあるかも知れない(多分ない)。そんな時、サンクチュアリを読み返しアツくなりたい。

  • Live at 日本武道館 130629 ~SPE SUMMIT 2013~ DVD

今年の夏はGREEN ROOMと旅祭でみる事ができたスペアザ。夏の思い出そのままに自宅でこいつをエンドレスリピートしたい。

#記事後記「愛着のある物を末永く」

やっぱり本当に欲しいもの、ずっと使えるもの、流行なんかじゃなくてずっと側に置けるものに囲まれたい。それは100円の食器だったり、700円のデニムだったり、はたまた4万円のゴアテックスだったりするけど、メンテナンスをしっかりして末永く側に置いておきたいもの。今後は何百万円の車も買うかもしれないけど、選ぶ基準はずっと側に置けるもの。

ほしい物リスト(14年10月版)


振り返ると改めて気づく、私の好きな本。

いつからか、趣味は何?と聞かれると、映画鑑賞、アウトドアスポーツ、読書と応えるようになっていた。

高校時代、誰よりも早く教室に行き本を読みふけていた。窓を開け、爽やかな風を感じる窓際の席はとても心地よく、時間を忘れてしまう場所だった。ホームルームが始まれば、クラデーションのように現実世界へ引き戻される。そんな朝の教室での読書が大好きだった。

#私の好きな本

『国見発 サッカーで「人」を育てる』

 

学生時代、サッカー部に所属していた頃に出会った本。高校サッカーの名門、国見高校の小嶺 忠敏監督が書いた指導哲学が詰まっている。「名指導者は例え話がうまい」というフレーズが印象的で、高校生ながらきっろこれは将来役に立つと思っていたが、そんな想いとは裏腹に話べたな僕がいます。

 

『タッチ』

主人公、上杉達也が好きすぎる。多くを語らずへらへらしているが、本当は努力家で仲間想いな彼が好き。中学生の頃に出会ったと思うが、当時読んでいた少年漫画には描かれていなかった人間関係がタッチには描かれていた。兄と弟、監督と選手、幼なじみとの三角関係など、なんだか大人って大変だなと思いつつ、相手の立場や想いを理解し対応する達也を見てかっこいいなと思っていた。そんな大人になりたい。

 

『「こつ」の科学−調理の疑問に答える』

 

僕の料理のバイブルと言っても過言ではない一冊。麺類をゆでた後、冷水ですすぐのはなぜでしょう?など料理を科学の視点から解説していて、理論的に料理を学べる本。基礎があれば応用ができる。座学としても十分に楽しめる一冊です。

『トラベル・サンド』

高橋ヨーコの撮る写真に、被写体としての蒼井優はよく映える。最強タッグのアメリカ旅行記。ワクワクが止まらない。

 

#記事後記「本読まなくなったのかな」

紹介した本はだいぶ前に読んだものばかり。めまぐるしく過ぎていく毎日で、ゆっくり本を読む事もできていない。合間合間に読む本は、自分の中に落とし込む事もできずにる。どんしんく、ふぃーる!


'