ホワイトデー。

takumi / 料理人

BGM : The Verve / Bitter Sweet Symphony

スタッフの皆んなへ、日頃の感謝とバレンタインのお返しに。

ベリーソースにチョコクランチのアクセントを加えた、シフォンケーキを振舞いました。

 

普段は店のコンセプトや、客層、いろんなことを考えて商品を作るけど、

顔と性格を知っている人に向けて、なんの縛りもなく自由に作るって、楽しいなーと思いました。

 

blog


ツクル欲。

takumi / 料理人

BGM : 椎名林檎 / 長く短い祭

ツクル欲がふつふつと湧いている最近。

その欲は日々の料理に反映されている訳ですが、それでも溢れるこの欲求を、物欲と合わせて解決してやろうと思うのです。

最近、何か欲しいものある?と聞かれたので、エプロンが欲しいと即答しました。

なぜエプロンが欲しいかと言いますと、仕事場では腰で巻くエプロン(サロン)を使っているのですが、それが気づけば直ぐにズレてしまっているのです。

右太もも付近に備え付けられたポケットに、フライパンを触る時に使う”ツカミ(厚手の布)”を入れては、出してを繰り返します。

その度少しづつズレていく、僕のサロン。

営業中に何度も付け直すのがとてもストレスで、あーもーなんとかしたい。と日々悶々としていた矢先の質問だったので、(首から下げれるタイプの)エプロンが欲しいと答えたのです。

以前は、お母さんみたいでダサいなーと思っていたのですが、今ならわかるその機能性。そして、僕が注目しているシェフたちは大体エプロン着用。あー、欲しい。

このピュアな物欲とツクル欲を同時にやっつける為に、この春に自分でエプロンを作ろうと決めました。

ペンとちょっとしたメモが収納できるポケット付きで、長時間着けても疲れにくい。

黒一色の、イケてるエプロン作ります。

 

blog


部屋。

料理人 / takumi

BGM : Steely Dan / Peg

必要のないものは持たない。

身軽で、気持ちよく生活できるように心がけています。

そんな感じのコンセプトの住み始めて3年目の我が家です。

***

アメリカ就職の件ですが、主にこちらで更新していこうと思います。

GOOD AT TOKYOはテーマがあるのでそれについて。

こちらはどーしよもない事から、真面目な事(アメリカ就職の件)など。

よろしくお願いいたします。


ファーストキス。

料理人 / takumi

BGM : 便箋歌 / クラムボン

過去の事は忘れてしまう事が多くて、ファーストキスのシチュエーションや、その時の感情とか本当に覚えていない。
ただ、時期としては大学一年とか二年とかだと思います。

中学高校と思春期を引きずりまくってたので、部活一筋、女子との関わりをなるべく避けようと一線を引いていた、シャイボーイだったわけです。

それにしても、異性にはもちろん興味がある故、妄想ばかりしていたかもしれない、、と今振り返ると思うのです。

思春期を部活と妄想に捧げた僕。

ファーストキスのシチュエーションになっても、イメトレの甲斐あって、キス玄人の如くかましてやったのだと推測します。

***

アメリカ就職の件ですが、この一週間はこれといった進展はないのですが、英語学習においてはもう一度文法に着手しています。

ブロークンイングリッシュで喋れるけど、それでは仕事をとると事は難しいと思うので、基礎がしっかりとした英語が使えるよう文法に取り組む、3.4月にしようと思います。


バレンタインデー。

料理人 / takumi

BGM : Ray Lamontagne / Jolene

バレンタインって想いを寄せる人にチョコレートを渡すっていうのが、主軸のイベントですよね。

そんな事をすっかり忘れて、女性に甘い物をねだっていい日と勘違いしていた、今年のバレンタイン。

ねだった甲斐あって数個頂きました。

まぁ、兎にも角にもプレゼントを頂くのは嬉しい事で、とても心温まりました。

その中でも、やっぱり手作りは嬉しさ倍増です。お菓子を作る手間を知っているので、その手間と時間を掛けてくれた事を考えると、とても嬉しいです。

学生の頃など、同性の友達とチョコを交換する女子達の心情を理解出来なかったのですが、今では何となく理解できます。

さてさて、バレンタインデーにチョコを貰った男性は当然、ホワイトデーにお返しをしなくてはいけませんね。

何を返せば悩みますが、返す品によって意味が異なるそうなので、是非こちらを参考にしてみて下さい。

通説を知っとくだけでもよいかもです。

僕は何を返すか決めました。

はい、そんな感じで今年のホワイトデーにお返しが欲しい人は、僕はまだまだチョコレートなど受け付けていますので、是非下さい。

よろしくお願いします。

***

アメリカ就職の件ですが、先日面接予定があったお店とは連絡が取れなくなってしまいました。

日本にいて自力での就活は、やはり難しいです。

様々な方にご指導、アドバイスを頂いてる中で感じる事は、やはり語学力の必要性。

20代前半ですと、まだまだキャリアも浅く、救いの手を差しの出してくれますが、20代後半となるとそうもいきません。

それまで積み重ねてきたモノが武器であり、信用となってしまいます。

20代後半という年で、語学が出来無いのに就職したい。それは世間知らずの高望み。

当初の予定より伸びてしまいそうですが、ゴリゴリ英語学習を進める一方で、アメリカ就職への糸口を辿っていこうと思います。


'