世界一のボランチになるために必要なこと

12939562_1122191301192504_1924886422_n
世界一、周りの人達を喜ばせることのできるパスの出せる選手になりたい金曜日担当のippeiです。
なんか、初っ端から厨二病みたいな、意識高い系の大学生みたいな発言すいません。笑

今週のテーマ、

「今期の目標」

 

それは、

 

 

「収益化できる事業をつくること」

 

 

です。

いまは、物流倉庫で働いているので、直接的にその目標を達成することは難しいかもしれません。
社内で異動するのか、新規事業を立ち上げるのか、はたまた転職するのか、今の環境で切磋琢磨しながら、副業でビジネスするのか、GATをもっと大きくしていくのか。いろんな方法があるので、どの方法にするかは決めていないけれど、収益化できる事業を作ります。

なんでかって、それは、自分の夢を見つけたから

 

 

「一人でも多くの人を“自分の力”で幸せにすること」

 

 

これ、なんじゃないかなって思いました。

自分の言葉や行動で相手が喜んでくれた時に、自分自身一番喜びを感じる事に気づいたから。

自分が行ったことのある美味しいお店を紹介したり、友人に気が合いそうな人を呼んで一緒に飲み会を開いたりするのも、この性質のおかげです。

会社や組織、肩書きに頼るでもなく、誰も自分の事を知らないような場所でもippeiの自分の力で相手を喜ばせることのできる人になりたい。

そのために必要な力。

それは、

 

「自分で事業を立ち上げられる力」

 

だと思いました。

なぜ、「自分で事業を立ち上げられる力」が必要かと言うと、

自分で事業を立ち上げられるようになると、

社会環境、経済状況関わらず、価値(お金)を生み出すこと

一人一人の個性や特徴を生かした環境を作ること

この2つができるようになるからです。

 

大学の時に家庭の経済状況が苦しくなり、家族が離れ離れになった経験があります。
家族や大切な人たちを守るためには、どんな状況であっても、自分の力でお金を生み出せる経営感覚が必要なんだという事を経験しました。
将来、休みの日に公園で子供たちとピクニックできるような、幸せな家族を築きたいので、どうしても実力をつけたいんです。

そして、このGATもそうなんだけれど、一人一人の可能性を広げられる場所を作る事で、毎日が楽しくなる。事を知っているので、周りの人達を生かせる人になりたいです。その事に、高校、大学とクラスの学祭の模擬店の代表をしていた時に気づきました。

元気な子には売り子をやってもらったり、細かい事に気付いて、数字に強い子には経理をお願いしたりして、一人一人の輝ける場所を提供する事で、みながキラキラ輝いて、楽しそうにしていて、かつ売上も上がった出来事があるからです。

 

だから、「事業を立ち上げる力」を身につけることで、

好きな人たちをキラキラ輝かせることができて、

その事業がうまくいって、

その先にいる多くの人を喜ばせることができて、

大切な人を守ることもできる!!!!

なんて、考えていたら興奮が止まりません。笑

なんて、HAPPYなんだろうって思うんです。

 

やっぱり、人生一度だし、良いものに触れて、美味しいものも食べて、いろんな人に会って、楽しみたい。

だからこそ、僕は自分自身がもっともっとハードワークをして、いろんな知識、情報を持って、周りの人達が喜ぶ環境を作りたい。

DFと一緒に身体を張って全力でゴールも守るし、FWにもゴールに繋がるスルーパスも出せる。

そして、時には自分自身が駆け上がって、ゴールも狙う。

そんな一人一人を輝かせることのできる世界一のボランチになる。
(※ボランチとは、ポルトガル語で「舵取り」を意味し、サッカーでは攻守の要になる守備的MFのポジションの選手のこと。日本代表では、長谷部選手や遠藤選手が代表的。)

 

だって、小学校卒業の時の将来の夢は
「将来、サッカー選手になってW杯に出て、アシストすること」なんですから。

大好きな曲moumoonの「Love is everywhere」で今日のところは、おわかれです。
YouTube Preview Image